イオラニ・ルアヒネ・フラ・フェスティバル

2017年11月2日 横浜港大さん橋国際客船ターミナル大さん橋ホールにて開催

フラの伝統を現代に継承させた伝説のクム。
その名を冠したフラ・フェスティバルが第4回を迎えます。
フラ創生の立役者であるイオラニ・ルアヒネの精神を新しい時代に引き継ぐ、
このフェスティバルにぜひご参加ください。




2016年‘Iolani Luahine Hula Festival写真 2016年‘Iolani Luahine Hula Festival写真 2016年‘Iolani Luahine Hula Festival写真 2016年‘Iolani Luahine Hula Festival写真

news

実施内容変更のお知らせ

11月1日〜2日に横浜港大さん橋国際客船ターミナル大桟橋ホールで開催予定の第4回イオラニ・ルアヒネ・フラ・フェスティバルは運営上の都合により11月2日のみの開催となりました。
それに伴い当日の実施内容は以下のようになります。

2017年11月1日(水)⋯⋯中止

2017年11月2日(木)

フラ・ワークショップ
エキジビション
コンペティションソロ(Kahiko)
コンペティショングループ(Makuahine / Wahine O Ke Kula / Kupuna / Wahine)
表彰式

すでに11月1日のエントリーお申し込みの方、チケットご購入の方は11月2日に変更可能です。お手数でも事務局にお問合せいただきますようお願いいたします。

ワークショップの内容が決まりました。
募集要項とお申込みはこちらをご覧ください。

ご来場の皆さまへ飲食の提供や物品の販売を行う民間事業者を募集します。
募集は終了いたしました。

‘Iolani Luahine Hula Festivalとは

‘Iolani Luahine Hula Festivalとは

イオラニ・ルアヒネ写真
毎年1月にハワイ島コナで開催される ‘Iolani Luahine Hula Festival は今年で15年目を迎えました。
大会名になっている‘Iolani Luahineは、King Kalākauaの時代のHulaを現代に開花させたフラ・マスターで、1978年63歳で他界しました。その名は、“Ka Uluwehi O Ke Kai”の作者として有名なEdith Kanakaoleや、ハワイ語辞書の編纂者としても有名なMary Kawena Pukui、同じくフラ・マスターであるLokalia Montgomeryとならび現代フラの祖として知られています。
この大会は彼らと同様に現代フラを築き上げた、Merry Monarch Festivalの創設者であるGeorge Na‘opeによって発案されました。同世代に生きたフラ・マスターに敬畏をはらい、次世代にそのスタイルや考え方を伝承しようとの想いは、George Na‘ope亡き後、Kawaikapuokalani Hewettに引き継がれました。そして、その考えに共鳴したNPO法人ナレイオナカイエワルにより、2014年から日本において同大会を開催運営しています。

第3回イオラニ・ルアヒネ・フラ・フェスティバル・コンペティションの結果はこちらからご覧いただけます。



主催・運営

本大会はNPO法人ナレイオナカイエワルが主催し、イオラニ・ルアヒネ・フラ・フェスティバル事務局によって運営されます。NPO法人ナレイオナカイエワルはHo’o Nanea Hula Competitionなどハワイ文化と日本文化の交流を目的とし多くのエベントの企画・主催・運営を行っています。


スケジュール

*2017年11月2日(木)*
フラ・ワークショップ
エキジビション
コンペティションソロ(Kahiko)
コンペティショングループ(Makuahine / Wahine O Ke Kula / Kupuna / Wahine)
表彰式

開催場所

横浜港大さん橋国際客船ターミナル大桟橋ホール
http://www.osanbashi.com/hall



シニア・スーパーバイザー
Frank Kawaikapuokalani Hewett Frank Kawaikapuokalani Hewett
名実共にハワイを代表する、Hulaの指導者であり、ハワイ文化、ハワイ語、全ての知識を兼ね備え、ハワイは言うに及ばず、日本や世界各国のHulaの指導者を指導している。
審査員
Iwalani Kalima Iwalani Kalima
Iwalani KalimaはHula Hālau O Kou Lima Nani Eの主宰者。36年間フラ・マスターGeorge Na‘opeに師事。彼女はQueen Lili‘uokalaniの有名なチャンターであったKapekaを曾祖母にもち、有名なHilo Hulaの作曲者であるKalima Sr.を祖父に持つ。現在はHe Lei Hiwa No ‘Iolani Luahine Hula Festival & Educational ChallengeやThe George Na‘ope Kane Hula Festivalのプロデューサーやコーディネーターをつとめる。また、日本にも多くの生徒を持つ。
Keala Ching Keala Ching
Keala Chingはハワイ文化教育学者、作曲家、作詞家、作家、そして多くのハワイの様々な団体の精神的助言者である。O’ahu島で育った彼は故Darrel Lupenuiの指導のもと、Men of Waimapunaのダンサーとしてフラのトレーニングを開始。Loea Frank Kawaikapuokalani Hewettの指導のもと、‘Unikiをした。現在、彼はKa Pā Hula Nā Wai Iwi OlaのKumu HulaでありNa Wai Iwi Olu (NWIO)基金の共同創設者でありエグゼクティブディレクターでもある。
Noelani Chang Noelani Chang
Noelani ChangはAunty Mahilani Poepoe から1985年‘Unikiを受けた。その後、Uncle Roland ChangやKumu Hula Teare Noeli Changと共に地域社会に広くフラを浸透させるため、また、Wai‘anaeの若者にハワイの文化を教えるためにHālau Nā Mano O Ka‘alaを設立。Hālauのメンバーの年齢は6才から65才までと幅広く、メンバーはKaneとWahineからなりKahikoとAuanaの両方を指導している。


参加費用

*コンペティション参加費*
ソロ部門
参加費:
1曲10,000円(20枚のチケットの購入が必要です)
グループ部門
一般参加費:
1曲20,000円(30枚のチケットの購入が必要です)
学生サークル参加費:
1曲10,000円(15枚のチケットの購入が必要です)
*エキジビション参加費*
一般参加費:
1曲10,000円(20枚のチケットの購入が必要です)
学生サークル参加費:
1曲5,000円(10枚のチケットの購入が必要です)
*入場チケット*
両日共に6,000円(税込)です。


実施概要

実施概要


ワークショップ

今年のワークショップは昨年に引き続き、Loea Kawaikapuokalani Hewett先生によるハワイおよびフラ文化にていての特別講座となります。 普段なかなか聞くことのできない貴重な講義を体験してみては如何でしょうか?

ハワイおよびフラ文化についての講義『ホーポエ・ハエナ』
開催日時:
2017年11月2日(木)12:00〜13:00
会場:
横浜港大さん橋国際客船ターミナル大桟橋ホール
参加費:
2,000円(税込)

申込み書はこちらからダウンロードしていただけます。

  • 所定の申込用紙にご記入の上、事前にお申し込みください。
  • お申し込み用紙はホームページよりダウンロードできます。ホームページからのダウンロードができない場合には事務局にお問い合わせください。
  • 申込書はFAX、メール添付、ないしは郵送にて事務局までお送りください。
  • 講座の録音は可能です。ただし、録音後複製を取り配布するなどの行為や、インターネット上にアップロードするなどの行為は著作権法違反となりますので、これを固く禁じます。
  • 基本は事前申込ですが、当日空きがある場合には、当日お申し込みも可です。



コンペティション/エキジビション

登録方法

コンペティション / エキジビション共に、ご参加の方は、本大会規定のエントリーシートにご記入の上、2017年6月30日までにNPO法人ナレイオナカイエワル内『‘Iolani Luahine Hula Festival実行委員会』までお申し込みください。コンペティションご参加の方はFact Sheetを2017年9月20日までに提出をお願い致します。
コンペティションの場合、同一カテゴリー内の曲の重複は認められません。お申込順でエントリー曲を確定させていただきます。曲の重複があった場合には実行委員会よりお知らせし、曲の変更のお願いをさせていただきます。
Fact Sheetの作成方法や内容につきましては‘Iolani Luahine Hula Festival実行委員会にお尋ねください。

チケットをお申し込みのかたは、こちらのチケット申し込み書をダウンロードの上、お申し込みください。

コンペティションのエントリーシートはこちらからダウンロードしていただけます。

エキシビションのエントリーシートはこちらからダウンロードしていただけます。

会場レイアウト図はこちらからダウンロードしていただけます。



選曲

コンペティションの制限時間:
Ka’iとHo’iを含め7分とさせていただきます。Ka’i、Ho’iともに審査対象とさせいただきます。


エキシビションの制限時間:
Meleのみで5分とさせていただきます。




コンペティション・カテゴリー

1. Kahiko Group Wahine:
13才以上35才まで
2. Kahiko Group Makuahine:
30才以上55才まで
3. Auana Group Wahine:
13才以上35才まで
4. Auana Group Makuahine:
30才以上55才まで
5. Auana Group Kupuna:
56才以上
6. Auana Group Wahine O Ke Kula:
17才以上25才まで
7. Kahiko Group Wahine O Ke Kula:
17才以上25才まで
8. Kahiko Solo:
年齢を問いません

※昨年度よりWahine O Ke Kulaカテゴリーが新設されました。このカテゴリーは大学および専門学校のフラサークルに属されている方々が対象となります。

※WahineとMakuahineの年齢が重なっていますが、ダンサーの重複エントリーはできません。

※エントリーにはダンサー5名以上の参加が必要となります。



音楽

Auana

1. コンペティションの演奏はライブのみとさせていただきます。ただし、Wahine O Ke Kulaの場合はCD音源でも可となります。審査はダンサーの方々のみが対象、ミュージシャンは審査の対象とはなりません。

2.ハウスバントとして、Kaulaluaを予定しています。詳しくは大会事務局にお問い合わせください。

3. ミュージシャンの数は最大5名とします。


Kahiko

Chantingは各教室の主宰者およびインストラクターに限ります。



衣裳

1. 衣装は審査の対象となります。曲に合ったハワイアンモチーフからお選びください。

2. アクセサリーも審査の対象となります。すべて自然素材からできているものをお選びください。

3. Wahine O Ke Kulaは生花、造花は問いませんが、生花を選択された場合ポイントが加算されます。



審査内容

1. インスピレーション / 姿勢 / 曲の理解 / 顔の表情 / ステージング / フォーメーション / クリエイティヴィティ / 総合的印象などが審査されます。

2. ジャッジ・シート:
大会終了後、エントリー曲の審査結果が記入されたジャッジ・シートを、各教室宛てにお送りいたします。





*お申込・お問合せ先*
NPO法人Nā Lei O Nā Kai ‘Ewalu イオラニ・ルアヒネ・フラ・フェスティバル事務局
Tel / FAX 03-6804-0858 携帯 080-6257-1210
メールでのお問い合わせはこちらからお願いいたします。